中庭のある家
005.jpg
戸建て住宅の新築工事
準防火地域に建つ戸建て住宅です。小さな庭をいくつか散りばめて、その中庭に向かって開くことで隣地境界から距離を取ることができ、防火設備ではない透明ガラスの越しの景色にしました。
012.jpg
中庭越にダイニングキッチンを見る
リビングとダイニングキッチンは離れた配置なのですが、中庭の窓越しに視界が繋がるので、見えすぎないけど気配は感じる程よい距離を保ちます。
室内はオーク材のフローリング床、壁にはムラ感のある塗装壁や質感を大事にした磁器タイル貼りのアクセント壁を設け、落ち着いた雰囲気のインテリアに仕上げました。
014.jpg
​オーダーキッチンとブビンガのダイニングテーブル
設計の段階でこのブビンガのダイニングテーブルを使いたいとのご要望がありましたので、それに合わせる様にオーダーキッチンや壁の大判タイル、天井の塗装色、ペンダント照明などひとつひとつの色や素材選びにはお客様と一緒にたくさん時間をかけて吟味しました。
009.jpg
​繋がるダイニングキッチン
キッチンとダイニングテーブルは横並びにすることで、食事の支度や片付けをしながら、家族とも過ごせるような場所になりました。その横並びに合わせて下がり天井や間接照明を計画し、中庭に向かう配置としました。下がり天井はポーターズペイントのムラ感ある塗装で特徴づけました。
006.jpg
​人を招く玄関
この玄関も中庭に繋がる窓があります。家族がただいまと帰って来たことを庭越しに感じとたり、この家に訪れた人が中庭の植栽から季節を感じとったりする窓です。ここでは色幅のあるレッドシダー貼りの天井やジョリパット左官塗りの壁など、上質な素材で落ち着いた玄関に仕上げました。
017.jpg
居心地の良いトイレ
便器の背面の壁にスリット窓横からの収納を造作しました。これはこだわり抜いたお客様からのアイデアです。掃除具や予備ペーパーなどが見えない収納に収まり素敵なインテリアになりました。
一戸建て住宅の新築工事
施工:鐵舟株式会社
主体構造:木造在来工法
所在地:福岡県内
延床面積:191.40㎡(  57.89坪)
建築面積:172.50㎡(  52.18坪)
敷地面積:298.49㎡(90.29坪)
photo : Yousuke Harigane
夜の光
季節を感じる植栽の足元に樹木を照らす様な照明計画をしました。優しい間接照明で通りに対して優しい表情をもつ建物になりました。