庭と暮らす平屋の家
戸建て住宅の新築工事
アプローチのある北の庭と、山桜が咲く南の庭の間に建つ軒の深い平屋の家です。
前面道路からの外観
道路から引きを取り建物を配置し軒高さを極力抑える事で住宅地の通りに対して圧迫感がないように配慮し、アプローチから人を招くような玄関にしたいと考えました。
ダイニングから子供部屋を見る
室内はナラ無垢材のフローリング床、漆喰塗り壁、タモ材の建具などで構成した素材感を活かした明るいコーディネートにしました。
​大きな窓がある応接コーナー
玄関ホールの脇に来客時に使える応接コーナーを設けました。とても狭い空間ですが、大きな窓や間仕切り壁のない位置空間にコーナーとした事で、色々な用途で重宝に使える場所になっています。
​庭越しに家族の気配を感じるL字プラン
南の庭に対してL字に建物を配置したので、部屋のどこからでも庭越しに庭の緑と家族の気配を感じ取ることができます。
回り道のようなアプローチ
北の庭を通り、季節の草木を楽しみながら歩く事ができます。庭石はベンチになったり子供たちの待ち合わせ場所になったり。
一戸建て住宅の新築工事
施工:株式会社藤匠住宅
主体構造:木造在来工法
所在地:福岡市西区
家族構成:夫婦+子供3人
延床面積:102.95㎡(  31.14坪)
建築面積:112.29㎡(  33.96坪)
敷地面積:506.87㎡(153.32坪)
photo : Yousuke Harigane
  • Instagramの - 灰色の円

©Fukushima Architectural Design